カラコンは度ありも登場。歴史に残るか?

若者文化の歴史はいつがスタートかと考えることがしばしあります。
アメリカではティーンエイジという概念が確立したのは1950年代といわれていますが、
日本では同じく焼け跡世代が成人した1950年代以降といえるようです。
大きな変化が訪れたのは渋谷パルコがオープンした1973年で、よく語られていますね。
最近ではインターネットの普及やカラコンなどのファッション系が歴史に残りそうですかね。
そういえば最近はカラコンも度ありが出ているそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です