若者世代にB型肝炎の方が・・・弁護士に相談

B型肝炎の事で弁護士に相談した方が良い方がいます。
それは幼少期に行われた集団予防接種によりB型肝炎に感染したと思われる方や、
その母親等からの母子感染により感染したと思われる方です。
自分の年代は大丈夫だと思っている若者世代の方の中にも
母子感染によりB型肝炎に感染している可能性がある方がいるという事です。
そこで何故弁護士なのかというと、国の給付金の支給を受けるには、
訴状を起こして裁判で審議をする必要があります。
勿論弁護士には頼まず自分で全ての手続きを行う事も可能ですが、
提出資料や様々な手続きは慣れた方でないと難しいのが現状だと思います。
給付金の請求には期限があり、平成29年1月あたりが申請の目処とされていますので、
心当たりのある方は早めに準備される事をお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です