若者文化の歴史に欠かせないiphone。この修理を横浜のお店に依頼した。

現代の若者文化の歴史は、インターネットとは切っても切れない関係にあります。
携帯電話が普及し、それも今では持ち歩ける小さなパソコンである
スマートフォンのシェアが拡大。
その中でも代表格がiphoneです。
毎日自分の気分をSNSでつぶやいてみたり、LINEで気軽に友人と
コミュニケーションをとるなど、若者が生活する上で必需品です。
だから不具合が出たら、iphoneを修理するのは何よりも大事。
その需要の高さを示すように、iphone修理屋さんは横浜に住んでいる
知人の近所にも多くのお店があります。

ブラジルの若者はリオ五輪をどう思っているのか!?

2016年8月開催のリオ五輪はブラジルでは国を挙げての盛り上がりで
若者からも大変な支持の元で行われます。
灼熱の大地にオリンピックはとても似合うので
熱い接戦が繰り広げられると言われています。
若者文化の歴史が根強く残って居る要因は
多民族の関わり合いと言われている事もあります。
ブラジルには多くの種族が暮らす文化があり末裔に当たる若者たちが
民族の誇りと文化をとても尊重する気風がありますので、
国外だけを相手とせずにブラジル国内だけでも白熱した競技が注目されるのです。
昔から民族紛争でも世界中に知られた国家として有名ですので、
スポーツを中心として正々堂々と主張が出来る機会を若者たちは友好的に捉え、
お互いを認め合う良い機会としても活用させる気概を感じさせてくれます。

晴海埠頭でのバーベキューが流行っているらしい

最近、晴海埠頭でのバーベキューをやる人が増えています。
私も何度か行ったことがあるのですが、すごく良い場所だと思いました。
バーベキュー専用の場所ではないので、洗う場所や専用炉はないのですが、
自分で道具を持ち寄り楽しむことができるのが良いです。
水辺の近くで、景色がすごく良いので、やっていて気持ち良いのです。
私が行った時もたくさんの若者がいたので、
今や晴海埠頭でのバーベキューは若者文化になっていると感じました。
都心で仲間と楽しくバーベキューができるところは、
ほとんどないので、貴重な場所と言えます。
交通アクセスも抜群なので、休みの日は多くの人でまだまだにぎわうでしょう。
早めに行かないと場所取りが大変になりそうです。

若者世代にB型肝炎の方が・・・弁護士に相談

B型肝炎の事で弁護士に相談した方が良い方がいます。
それは幼少期に行われた集団予防接種によりB型肝炎に感染したと思われる方や、
その母親等からの母子感染により感染したと思われる方です。
自分の年代は大丈夫だと思っている若者世代の方の中にも
母子感染によりB型肝炎に感染している可能性がある方がいるという事です。
そこで何故弁護士なのかというと、国の給付金の支給を受けるには、
訴状を起こして裁判で審議をする必要があります。
勿論弁護士には頼まず自分で全ての手続きを行う事も可能ですが、
提出資料や様々な手続きは慣れた方でないと難しいのが現状だと思います。
給付金の請求には期限があり、平成29年1月あたりが申請の目処とされていますので、
心当たりのある方は早めに準備される事をお薦めします。

若者文化と古物市場の関係

古物市場というとイメージ的には骨董品やアンティーク家具など
といったものが想像されやすいです。
茶道具・陶磁器や掛け軸、仏教美術・中国美術品などが代表的ですし、
アンティーク家具も最低でも100年以上前に製作された
北欧など家具や江戸時代の箪笥などです。
これらから比較的年配の富裕層をターゲットとした市場のように思われるかもしれません。
一方若者にとっては古物ではなくビンテージ品という呼び方が浸透しています。
もともとビンテージとはワイン用語で当たり年のワインといった意味合いでしたが
現在では年代物の希少品全般に使われています。
若者にとっての古物市場はZippoライターのようなコレクターズアイテムから
ジーンズなどの古着といった1万円前後から入手(高い物では10万円を越えることもある)
できるものからビンテージギターのような高価格帯まであり、
若者にとっても古物市場というのは比較的身近なものになってきています。

若いころから腎不全治療

私が腎不全の治療を受け始めたのは、高校を卒業する頃のことでした。
夏の頃までは、特に体調に異変を感じることもなく、
部活動にも力を入れていましたが、秋くらいからダルさを感じることも多くなりました。
いくつかの手術も受けましたが、私の腎不全治療の主なものは透析です。
私の通っている医院で私と同じくらいの若者はいませんでしたが、
その分普段の生活をしていては出会うことが出来なかった
人生の先輩達と出会うことが出来ました。
様々な人と出会うことが出来たことで、
柔軟な考え方をすることが出来るようになったと思っています。
病気になったことは不幸なことかもしれませんが、
たくさんの経験をすることが出来たのも病気になったおかげだと思っています。

サーフィンは初心者でもダイビングは…

若者文化というと地域性が色濃く反映されるのはご存知の通り。
60年代後半の光り輝くロンドン。
ビートルズ、ジェームズ・ボンド、ツィギー…
代表的なものはすぐに思い浮かべることができますよね。
日本でも地域によって若者文化が根付いている様子が見てとれます。
湘南の海といえばサーファーでしょうか。
私はサーフィンは初心者ですがダイビングはライセンスを持っているんですが、
伊豆に住んでいたことがあったからんなんです。
ダイビングといえば伊豆と思うのは私だけ?

ペット保険って昔はなかったと思うのですが…

若者文化の中にはペットの飼育も入ってくると思います。
子供のころに犬や猫、ウサギやカメを「飼いたい」と
おねだりした人も多いのではないでしょうか?
かくいう私も雨の日に濡れた子犬を拾って帰り、親を困らせた覚えがあります。
結局死ぬまで10年飼うことになったのですが。
今は犬猫だけでなく蛇や猿を飼う人もいるようですね。
今はペット保険もしっかり整っていて調べてみると人間並みで驚きました。
昔はなかったですよね?

20代に必要なのは火災保険

若者に保険なんて必要ない?現役保険営業マンに話を聞いたところ
火災保険と自動車を持っているなら自動車保険には入っていたほうがいいそうだ。
自動車保険に関しては想像通り、加害者には誰にでもなりえるということ。
火災保険は「万が一」家はなかなか燃えないので保険金額100万以下でいいらしい。
重要なのは(借家なら)借家人賠償と個人賠償。
借家に傷をつけてしまった時の大家さんへの賠償などに使える。
個人賠償は自転車で起こしてしまった事故賠償にも使えるらしい。
あとはそれぞれ個々の人生に必要な保険に加入するのがいいらしい。

カラコンは度ありも登場。歴史に残るか?

若者文化の歴史はいつがスタートかと考えることがしばしあります。
アメリカではティーンエイジという概念が確立したのは1950年代といわれていますが、
日本では同じく焼け跡世代が成人した1950年代以降といえるようです。
大きな変化が訪れたのは渋谷パルコがオープンした1973年で、よく語られていますね。
最近ではインターネットの普及やカラコンなどのファッション系が歴史に残りそうですかね。
そういえば最近はカラコンも度ありが出ているそうですね。

レンタルボックス、倉庫作業スペースレンタル。

老いも若きも男性には収集癖というものがあります。
過去を遡れば、狩猟時代。
男性は狩猟に出かけるも毎日獲物が獲れるわけでもなく、
取れた時に貯蓄として保管する癖がルーツと言われています。
女性から、見ればガラクタのようなものの数々も
男性の目からは宝物や財宝に思えるのです。
しかし、収集にも限界があって自分の持つスペース以上のものを
集めることは出来ないのです。
しかし、昨今ではその野望を助長するかのようなサービスが多数出現しています。
例えばレンタルボックス、倉庫作業スペースレンタルなどなどです。
一体社会は、どれだけ男性に収集しろというのか…。

今度中華街の個室でこっそり。

日本と中国の政府関係がどんどん冷え切っている感じがするなか、
中国の若者の間では密かに「知日」ブームなのだと言います。
言わずもがな中国では、政府が情報統制を行っており、
政府批判も簡単にはできない状態ですが、
そんな中で日本を紹介したこの「知日」が10万部を超える大ヒットしているそうです。
13億人いる人口に対してはえらく少ないと思われるかもしれませんが、
人気週刊誌が40万部と聞くと中国の出版事情がわかってもらえるでしょう。
と、実は記事で読んだだけなので
今度中華街の個室でこっそり中国人に真相を問いてみようと思います。

ティーカッププードルとゴールデンレトリバー

ペットの流行りを見れば、時代や若者の思考が少なからず読み取れたりできます。
今は、ティーカッププードルを始めチワワなどかわいくて小型の犬が人気ですが、
ひと昔前はゴールデンレトリバーが人気で大きく頼り甲斐のある犬で、
プードルなどとは対照的といえるでしょう。
今の時代は、一人暮らしでマンションやアパート住まいの方がペットを飼うようになったことで
小型犬が人気となっています。
反対にひと昔前は、まだ一軒家に対してのペットという考えだったのです。
これから少子化が進んで、晩婚化、未婚が進んで20年後は、
また別の犬が流行っているかもしれませんね。

高校生たちは毎月ダイビングで埼玉から飛び出して遠征しているのだそう

先日のお休み、派遣社員の女の子に連れられて、
ダイビングを埼玉で習えるというスクールへ行って来ました。
とりあえずその日は見学だけという事で先生のお話を聞きつつ
スクールの生徒さん達を見てきたのですが、
色々な年代の方が通ってきていて気軽に始められそうなのが良い感じでした。
見学中は、スクールに通って半年という高校生の女の子たちと話す機会があったのですが、
話題とテンションに付いていけなくて年を感じてしまいました。

30、40代向け上大岡の賃貸。

若者が集まる街とそうでない街があります。
代表的なものを挙げるなら、渋谷と巣鴨といったところでしょうか。
かたや流行の発信地、かたや高齢者の聖地で、どちらも重要な場所です。
変化が大きく刺激が強いことを若者は好み、
変化が小さいもしくは変化のない安定を高齢者は好む傾向があります。
上大岡という場所がありますが、横浜から少し離れた場所です。
横浜では変化が大きすぎて、しかし離れすぎると寂しいような方に向いているような
上大岡の賃貸ですが、ちょうど仕事がこなれた30、40代なようで、
なるほど、ちょうど中間層に人気になるようにできています。
もし、住む場所の好みが変わったら、自分の思考年齢も変わったのかも。

横浜造園業界でも最近は若者の入社が多く。

若者の中でも、盆栽が流行ってるといいます。
そのほかにもぬか漬けや味噌作りなど、高齢者の専売特許ともいえた、
これらのことを若者の中でブームになっています。
これはよく言う一周して新鮮。というやつなのでは?と思っています。
子供の頃からJPOPや欧米文化を経験した若者にとって、
日本文化が異文化に感じることがあるのだと思うのです。
横浜造園業界でも最近は若者の入社が多く嬉しいと聞きました。
できることなら、これが一過性のブームでなく、持続してくれるといいのですが、
一周しない間にまた別のものにとって代わられるのかもしれません。